無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

中絶手術と妊娠・不妊症との関係について

中絶手術は、母体に大きな影響を与えます。自らの中に宿った新たな生命を人工的に取り出すのが中絶手術です。

刃のないハサミのようなものを子宮内に挿入し、胎 児や胎盤を引っ張り出すようにして子宮から除去します。取り出しきれなかったものは、吸引機で吸い込むようにして除去されます。子宮にそういった器具が挿入され、子宮内を上下左右に動くわけですから、子宮内膜を傷つける危険性があります。

また、清潔に扱われている器具ではありますが、様々な感染症を引き起こす可能性もあります。そういったことがおこってしまうと、不妊症になってしまうこともあります。子宮に傷が出来てしまうと、受精卵が子宮に受胎できなくなってしまうのです。

手術をうけた後は、母体の状態に注意し、異常があっても早期発見が出来れば対処することができます。熱が長く続いたり、出血が続く場合は、子宮内の傷や感染症の罹患を疑い、早期のうちから治療をうけるようにしましょう。