無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

麻酔の基礎知識

一般的には痛みの感覚神経を除去して、人が痛みを感じないことを目指すものです。そして、これは手術などの医学上の手続きにおいて用いられることが多いですが、麻酔を施すには、麻酔に関する基礎知識以外にも、輸血や患者の呼吸の循環などについての知識も要求されますので、高度の医学的な専門性が必要となります。

手術以外にも、集中治療室で用いられたり、ペインクリニックで用いられたり、救急蘇生で用いられるなどその使用範囲は広くなってきています。

また、種類としては、全身と、部分のものがあります。そのうち、部分のものは、手術などの大掛かりなときに用いられるのではなく、歯医者などの小規模な処置が必要なときに用いられるものです。そして、全身麻酔は脳に対して働きかけることによってその効果を達成するものであり、手術などで用いられることが多い方法となっています。

無痛麻酔とは

イラスト

無痛麻酔の仕組みはどんなものでしょう。なぜ痛くないのでしょうか。
無痛麻酔というのは病院で手術をする際にその始まりから終わるまで、そしてそのあとも痛みを感じることがないようにする麻酔の方法です。
その仕組みは、人間のいたみを感じるレベルを利用したものなのです。

人間はいたみの刺激を受けた際に一定のレベルに達すると初めて痛みを感じるのですが、その時点で特殊な方法で痛みをゼロにしておくのです。手術中に鎮痛剤で痛みを消しておくことにより、その後徐々に痛みが少なくなっていくので、結果として痛みを感じるレベルに達しないまま痛みが消えていくというわけなのです。

無痛麻酔の特徴

無痛麻酔とは手術の開始から終わりまで痛みを感じることがない麻酔で複数の特長があります。

まず一つ目に手術前の筋肉注射を一切行わないことで、筋肉注射による痛みもないため不安を感じることなく、またそれによるアレルギー反応の恐れがないという利点があります。

二つ目に様々な手術に使用できるため、帝王切開や人工中絶手術といった患者の体に負担の大きい手術でも応用できる点があります。

三つ目として手術後の痛みが非常に少ないため、術後に別の問題が起きることを防げます。無痛麻酔はこのように複数の大きな特長を持っています。

無痛麻酔の方法

無痛麻酔をかけるための流れにはいくつかの種類があります。いくつかの種類について紹介します。

一つ目は表面麻酔を利用するものです。麻酔のための注射をする前に針を刺す箇所に塗ることで痛みを感じにくくします。そのあとに麻酔をさせば注射針による痛みを軽減することができます。

二つ目は笑気麻酔を利用する方法です。これは正確には「亜酸化窒素」というガスの麻酔薬です。鼻に吸入用のマスクを装着してガスを吸うことで、意識が朦朧とし痛みや恐怖感を感じにくくなります。この麻酔をかけたあとに普通の麻酔をかけることで痛みを軽減できます。

三つ目は全身麻酔です。これは無痛という点においては最も効果的な方法と言えるでしょう。この麻酔では眠った状態でかつ、痛覚が麻痺した状態ですべての施術がなされるので全く痛みは感じません。流れとしては様々ありますが、完全な無痛を求めるならば最初にガスの吸入により眠り、その後挿管、筋弛緩薬の投与等をすることが一つの例となります。この麻酔には麻酔科医による厳格な管理が必要となります。

当院では、静脈麻酔による全身麻酔を施行しております。