無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

医師からの回答

中絶手術後の腹痛は、子宮が収縮するために起こります。子宮が小さくなって、妊娠前の大きさまで戻って来ると痛みが引いてきます。

 

患者様の体験談

その1:子宮が収縮するので、痛みはあります。

手術で子宮内膜が多少なりとも傷つきますし、子宮が元に戻ろうと収縮するので、生理痛のような痛みはしばらく続くことはあります。私の場合も術後2~3日痛みが出たので、市販の鎮痛剤を服用してできるだけ安静に過ごしていたらすぐに治まりました。あんまり我慢のできないような痛みが続く場合は、子宮内膜の感染症を起こしている可能性も考えられるので受診したほうが良いですね。精神的にもナイーブになっている方も多いかと思うので、気分転換も大切ですね。

その2:大丈夫?中絶手術後のお腹の痛み

中絶の手術を行ったあとは精神的にも肉体的にもダメージを受けますよね。さらに腹痛なんてあったら、さらに不安になることでしょう。
でも多少の痛みは大丈夫です。大きくなっていた子宮が元に戻ろうとしているので痛むことがあるのです。
わたしは少し強めの生理痛ぐらいの痛さでしたが、市販の鎮静剤で乗り越えました。あまりに痛む場合は何か子宮の病気も考えられますので、病院に行くことをおすすめします。手術後の痛みであればいつかはおさまるので、あまり悩まないようにしてください。

その3:お腹が痛くなるのは抗生物質のせいかもしれません。

心配されているのは薬などによる副作用のことでしょうか?

私の場合は胆のう炎の手術のあと、1~2か月ほど発熱と、お腹を下しやすくなりました。もともと私が薬に弱い体質だというのと、手術が遅くなったために細菌が増えすぎてしまっていたのが原因だよ、と先生に言われました。

お腹が痛くなるのは、細菌を抑えるための抗生物質がお腹の中の良い菌まで抑えてしまったためですね。

病気の際には早期発見・早期治療が大事ですから、治療の開始が遅れてしまうと、それだけ薬の効きも悪くなって、副作用も長引いたりしてしまうことになります。まずはできるだけ早く、病院で先生に診てもらいましょう。そうすれば過度の心配はいらないですよ!