無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

医師からの回答

中絶手術後5日以内に38℃以下の発熱があることがあります。自分で歩行出来る状態ならば様子を見て下さい。38℃以上の熱がある場合は、感染症の疑いもありますので、早めに受診して下さい。

 

患者様の体験談

その1:手術後に発熱した時の注意点

中絶を含めた手術においては一般的に感染症と呼ばれる細菌などによる感染が最も注意が必要です。私の場合も発熱を生じ、38度を少し越える程度まで体温が上昇しました。1日で治ったので、そのまま経過を見ていましたが、次の受診の際に医師に報告したところ、本来は38度を越えた場合は風邪によるものか、手術の影響かをきちんと判断する必要があり、場合によっては治療が必要だった可能性もあると聞き、大変驚きました。発熱が出た場合の対処法について予め医師にきちんと聞いておくことで安心できるかもしれません。

その2:手術後の発熱について

手術後の最も注意が必要な合併症に、感染症があり、その代表的な症状に発熱があります。私の場合は38度程度まで体温が上がりましたが、予め先生にその対応を聞いていませんでした。自分の判断で何もせずにいて、結果としては問題なかったのですが、後日医師に報告した際にきちんと対応していなければ悪化していた可能性もありますよ、と指摘され大変驚きました。ただの風邪と思ったりしないこと、また予め医師から合併症等についてきちんと聞いておくことで、安心して手術を受ける事ができるのではないでしょうか。

その3:人によっても病気によっても違いますが・・・

私の場合は急性腹膜炎で入院したときに手術後の発熱が大変でした。腹膜炎はなるべく早期に治療したほうがいいんですが、胆のうのまわりに炎症が起きていて、2,3日忙しかったので我慢していたのがよくなかったみたいです。手術後にもお腹まわりに炎症が残ってしまい、しばらく発熱が続きました。先生は、まだばい菌が体のなかに少し残っているから、ということでした。

なるべく早く処置するのが良いみたいなので、痛いときはがまんせずに病院へ行くといいと思います。治療が早ければ、発熱のことはそんなに心配しなくてもいいと思います。