無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

初期中絶とは

初期中絶とは、11週6日までに行う人口妊娠中絶の事を言います。
手術の方法は、静脈麻酔をかけて機械的に子宮の中から妊娠の組織を掻き出します。出産未経験者の場合、子宮の出口である子宮頚管が閉じているので、手術の前に子宮頚管をある程度拡げるための前処理が必要となります。

手術自体は5分程度で終わり、日帰りもしくは1泊入院で手術を行うことができます。中絶手術を行ったためにその後の妊娠に影響を与えることはほとんどありません。ただし、手術の際に何らかのトラブルがあった場合には、それが原因で妊娠しにくくなってしまうことがあります。

例えば、手術後に子宮内感染を起こし子宮の壁同士がくっついてしまう(アッシャーマン症候群)になった場合、着床が難しくなり不妊症につながります。また、特にトラブルがない場合でも、中絶手術を何度も繰り返すと 着床時にベッドになる子宮内膜が薄くなってしまい、着床障害の原因となります。また、初期中絶を行うと次のようなリスクが考えられます。

「麻酔によるアレ ルギー」
「子宮内への妊娠組織の遺残」
「子宮内感染」
「子宮穿孔(子宮に穴があくこと)」

などです。

初期中絶のリスク

イラスト

11週6日までに行う中絶手術を初期中絶と言います。

手術の方法は、麻酔をかけて機械的に子宮の中から掻き出します。手術そのものは5分程度で終わるため、日帰りまたは1泊入院で手術を行えます。初期中絶のリスクとは麻酔によるアレルギーや子宮内への妊娠組織の遺残、子宮内感染、子宮穿孔などがあります。手術を行ったからといって、将来妊娠しにくくなるわけではありません。

きちんとした手術を受ければ、ほとんどの場合その後の妊娠に影響はありません。しかし、手術のときにトラブルがあった場合は、それが原因で妊娠しにくくなることがあります。

例としては、手術後に子宮内感染を起こして子宮の壁同士がくっついてしまうアッシャーマン症候群という病気になってしまった場合、着床が難しくなるので不妊症につながるといわれています。また、トラブルがなくても、中絶手術を何度も繰り返した場合、着床のときに子宮内膜が薄くなってしまい、着床障害の原因となります。

中期中絶とは

中期中絶とは、妊娠12週以降、満22週までもしくは、胎児の体重が500g以上の時に受ける中絶手術のことで、それ以前かつそれより小さい場合は初期中絶となります。

中期中絶は手術前に同意書が必要で、手術後は法的には「死産」となるため出産後7日以内に役場への死亡届と死胎火葬埋葬許可証が必要になります。

初期中絶のように直接取り出し日帰りで済む方法ではなく、薬を用いて自然の出産と同じようにして取り出します。そのため、数日の入院が必要です。 子宮口の子宮頚管を広げるラミナリアを使用し、さらに陣痛促進剤の錠剤を膣内に入れて子宮を人工的に収縮させ、陣痛を起こして胎児が出てくるのを待ちますが、人によっては数日かかることもあります。

出産した胎児は、出産に早過ぎる時期のため、しばらくすると自然と息をしなくなります。胎盤など子宮内に残留物がある場合は、スプーン状の器具などで掻き出します。手術後は母体にも負担が大きいため3~5日ほどの入院が必要です。

中期中絶のリスク

中期中絶は妊娠初期とは比べ物にならないぐらい母体に負担が大きくなります。

クリニックへの入院が必要になり、費用も高額になります。死産となるため役所へ死亡届を提出して火葬が必要です。胎児のほうに胎児水腫など病気が見つかったためにこの時期での手術となるケースが多いです。子宮の収縮による大量出血のリスクや陣痛が強すぎた場合子宮破裂の可能性、子宮頸管損傷の可能性もあります。

術後に子宮内感染を起こすとそれが原因で子宮の壁同士がくっついてしまうアッシャーマン症候群になると着床が難しくなるため不妊症につながります。中期中絶を繰り返すと子宮内膜が薄くなるので着床障害が起こる原因にもなります。

術後は初期の中絶と比べると出血量が多く1~2週間程度続くこともあります。手術後に子宮の内部に胎盤の一部など残ってしまっていると出血や腹痛の原因になり、また、妊娠中のホルモンがずっと産生されてしまいます。自然に排出されない場合は初期中絶と同様の手術が必要になります。