無痛麻酔について

大阪 心斎橋 さくま診療所

お問い合わせ
tel
 
午前
午後
夜間
午前:09:30〜12:30
午後:14:00〜16:00
夜間:18:00〜20:00
※第2、第4金曜日19:45診療終了
休診日:木・日・祝日・土午後

〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
地図
地下鉄をご利用の際は
・御堂筋線「心斎橋駅」下車
 6番出口から徒歩3分
・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車
 7番出口から徒歩5分
ホスピタ掲載ページ

中絶手術可能な妊娠週数

中絶手術の手術可能期間は、母体保護法と言う母体の生命と健康を守る法律に基づき、妊娠週数が21週6日までと定められています。

現代の医療技術では、22週目を過ぎると生存できる可能性があるからです。妊娠週数が大きくなると母体への負担は増しますので実際には妊娠12週までに行われる場合が多いです。12週目程度までだと、まだ胎児が育っていないので死産の扱いにもならないからです。安全に中絶の手術が受けられるのは妊娠6週目から12週目ぐらいです。

妊娠11週、12週での手術は中期中絶と言い、初期の手術のように全身麻酔で短時間の手術ではなく、人工的に陣痛を起こして強制的に胎児を出産させる方法になります。母体にかかる負担も大きいですし費用も高額になります。日帰りではなく病院への入院が必要です。

死産した子供は死亡届を役所に提出して火葬をする必要も出てきます。週数が増えるほど母体の負担を考えて迅速な判断が求められます。

妊娠週簡易計算

妊娠して定期健診すると、妊娠週を伝えられ分娩予定日を伝えられるでしょう。産婦人科医は簡単に妊婦さんに伝えてくれますが、では一体このような妊娠日や分娩予定日は、どのような方法で算出しているのでしょうか。

この予定日を算出している簡易計算法が「ネーグレの概算法」です。この方法を利用すると、どなたでも簡単に分娩予定日を簡易計算することができます。最終月経から3ヶ月戻して日に7をプラスすると、分娩予定日がわかります。多くの産婦人科医はこの方法を基にした計算機を利用して算出しています。

あとは妊娠から分娩までの日数が、最終月経の初日を「第1日」として「280日目」までを妊娠期間として、1ヶ月を4週としで分割すれば妊娠月が出て来ます。ちなみに妊娠日を知るには最終月経から14日目が排卵日ということになりますので、その日が妊娠2週目の最初の日が妊娠日ということになります。

最近ではこのような計算をしなくても産婦人科医が使用しているような計算機が、インターネット上にありますので、それを活用してみると良いでしょう。