大阪 中絶手術 無痛中絶手術 中絶WEB医療相談 さくま診療所

MENU

中絶後の対応・避妊

メインビジュアル
address
〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
心斎橋駅より徒歩3分

abortion

中絶手術後のケアについて

ホルモンバランス

無痛人工中絶手術とは、その文字が表わしているように、普通の中絶手術とは少し異なり、痛みがない特別な中絶手術のことです。麻酔をうまく使っていくことによって、手術中も一切痛みを感じることがありませんので安心して受けることができます。一度中絶手術をおこなったからといって、子宮が傷ついてしまって二度と妊娠できないということはありませんので、安心ください。また、手術後はホルモンバランスが乱れますので、できれば、月経周期などを戻すために低用量のピルを三か月ほど服用しましょう。

中絶手術と妊娠・不妊症との関係について

中絶手術は、母体に大きな影響を与えます。自らの中に宿った新たな生命を人工的に取り出すのが中絶手術です。刃のないハサミのようなものを子宮内に挿入し、胎 児や胎盤を引っ張り出すようにして子宮から除去します。取り出しきれなかったものは、吸引機で吸い込むようにして除去されます。子宮にそういった器具が挿入され、子宮内を上下左右に動くわけですから、子宮内膜を傷つける危険性があります。また、清潔に扱われている器具ではありますが、様々な感染症を引き起こす可能性もあります。そういったことがおこってしまうと、不妊症になってしまうこともあります。子宮に傷が出来てしまうと、受精卵が子宮に受胎できなくなってしまうのです。手術をうけた後は、母体の状態に注意し、異常があっても早期発見が出来れば対処することができます。熱が長く続いたり、出血が続く場合は、子宮内の傷や感染症の罹患を疑い、早期のうちから治療をうけるようにしましょう。

 

 

 

かかりやすい病気

無痛人工中絶手術後にかかりやすい病気は、子宮内感染などによる炎症や多量の不正出血などが挙げられます。このような場合は、早めに医師への受診をオススメします。また、こころの病気としては心的外傷後ストレス(PTSD)で苦しまれることがあります。PTSDに繋がるような中絶をした時に、このような病気になることを中絶後遺症候群(PAS)と呼んでいます。このような抑圧された感情は心身症や精神病的な病気を引き起こす原因になってしまう場合がありますので、注意が必要になってきます。

 

 

PASには3つの特徴的な症状があります
  1. 01

    「過剰反応」は、苦悶発作、短気、集中障害、過剰警戒、熟睡障害や不眠症といったことを引き起こします。

  2. 02

    「侵害行為」は、中絶した日のことを思い出したりすることで、うつ状態になったりします。

  3. 03

    「抑圧」は、感情を麻痺させたり、行動パターンを変化させたりといったようなことが見られます。

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真2
 

当院までのアクセス
access

地下鉄でお越しの方へ
  • 御堂筋線「心斎橋駅」下車 6番出口から徒歩3分
  • 長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車 7番出口から徒歩5分
新幹線でお越しの方
  • 新大阪駅から御堂筋線「新大阪駅」から「心斎橋駅」下車、6番出口から徒歩3分(所要時間約20分)
  • 新大阪駅からタクシーで移動(所要時間約23分)
飛行機でお越しの方
  • 大阪国際空港(伊丹)からリムジンバス新阪急ホテル行(30分) で下車、御堂筋線「梅田駅」から「心斎橋駅」下車6番出口から徒歩3分(所要時間約54分)
  • 大阪空港駅(大阪モノレール)から「千里中央駅」で北大阪急行線・御堂筋線に乗り換え「心斎橋駅」下車6番出口から徒歩3分(所要時間約53分)
お車でお越しの方
  • 京都から、所要時間約1時間10分
  • 神戸三宮から、所要時間約44分
  • 奈良から、所要時間約36分
  • 和歌山から、所要時間約1時間20分

※ 当ビル下にも有料駐車場がございます。その他近隣にも沢山コインパーキングがございます。 最大料金で1000円位です。

page top
menu
手術予約
ピル予約