大阪 中絶手術 無痛中絶手術 中絶WEB医療相談 さくま診療所

MENU

妊娠について

メインビジュアル
address
〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-14-14
T・Kビル2F
心斎橋駅より徒歩3分

abortion

妊娠~身体の変化・注意点

妊娠~身体の変化

妊娠においての身体の変化は人によって大小ありますが、ほとんどの人が乳房の変化を感じます。赤ちゃんに授乳するために、乳首が大きくなったり、母乳のせいで胸が張ったりします。この変化時には、乳首や乳輪が痒くなる人や何も感じず気付けば変化していたという人もあります。それ以外にも初期には、味覚が変わる事もあります。よく聞くのは、梅干しやレモンなど酸っぱいものが食べたくなるなどですがまれに、甘いものや今まで嫌いだった食べ物を好きになったりとこれも個人差があります。

 

妊娠に気づくきっかけとなる身体の変化は、まず生理が来なくなります。ただ、不正出血があると生理と勘違いをしてしまいますが、 不正出血は生理のように大量の出血や一週間続くことはほとんどないので、短めの期間で多少の出血であれば検査薬を使ってみても良いかも知れません。それ以外につわりも挙げられますが、つわりも個人差があるので全くない人もいます。子供によってもひどい場合や軽い場合もあります。

妊娠~身体の注意点

妊娠すると母体の中ではちいさな命がめまぐるしい速さで成長をしていきます。そんな今までの自分の体ではないような変化を受け止める際の大切な注意点がいくつもあります。妊娠してしばらくすると、つわりがおこります。気分が悪くなったり、食欲がなくなったり、はげしい眠気に襲われたりと、その症状は人によってさまざまです。そのつわりの状態を別の身体の不調だと思い、自分で買った薬をうっかり飲んでしまうことには危険があります。一度頭痛薬を飲んだくらいでは何の問題もない場合が多いのですが、できれば薬はさけたいものなのです。まず、自分が妊婦であるということをはやく知り、自覚し、無理をしないということが大事です。つわりは病気ではないと昔の人はよくいいますが、その症状は個人差があるとはいえ、ひどい人にとってはどんな病気よりも肉体的にも精神的にもつらいものなのです。初期にはどんなちょっとしたことがきっかけで出血をしたりするかもわからないのです。

中絶手術可能な妊娠週数

手術可能な妊娠週数について

中絶手術の手術可能期間は、母体保護法と言う母体の生命と健康を守る法律に基づき、妊娠週数が21週6日までと定められています。現代の医療技術では、22週目を過ぎると生存できる可能性があるからです。妊娠週数が大きくなると母体への負担は増しますので実際には妊娠12週までに行われる場合が多いです。12週目程度までだと、まだ胎児が育っていないので死産の扱いにもならないからです。安全に中絶の手術が受けられるのは妊娠6週目から12週目ぐらいです。妊娠11週、12週での手術は中期中絶と言い、初期の手術のように全身麻酔で短時間の手術ではなく、人工的に陣痛を起こして強制的に胎児を出産させる方法になります。母体にかかる負担も大きいですし費用も高額になります。日帰りではなく病院への入院が必要です。死産した子供は死亡届を役所に提出して火葬をする必要も出てきます。週数が増えるほど母体の負担を考えて迅速な判断が求められます。

妊娠週簡易計算

妊娠して定期健診すると、妊娠週を伝えられ分娩予定日を伝えられるでしょう。産婦人科医は簡単に妊婦さんに伝えてくれますが、では一体このような妊娠日や分娩予定日は、どのような方法で算出しているのでしょうか。この予定日を算出している簡易計算法が「ネーグレの概算法」です。この方法を利用すると、どなたでも簡単に分娩予定日を簡易計算することができます。最終月経から3ヶ月戻して日に7をプラスすると、分娩予定日がわかります。多くの産婦人科医はこの方法を基にした計算機を利用して算出しています。あとは妊娠から分娩までの日数が、最終月経の初日を「第1日」として「280日目」までを妊娠期間として、1ヶ月を4週としで分割すれば妊娠月が出て来ます。ちなみに妊娠日を知るには最終月経から14日目が排卵日ということになりますので、その日が妊娠2週目の最初の日が妊娠日ということになります。最近ではこのような計算をしなくても産婦人科医が使用しているような計算機が、インターネット上にありますので、それを活用してみると良いでしょう。

妊娠検査薬

妊娠検査薬について

市販の妊娠判定薬の多くは、尿を使用する検査方法が用いられています。これは、妊娠すると急激に分泌が増えるホルモンが、おしっこの中に含まれるため、その含有量により判断がつけられるというものです。産婦人科でも同じ原理の検査が行われ、加えて内診や超音波検査を行うことで確定診断がされています。また、赤ちゃんを授かった後も定期的に妊婦検診で尿検査が行われます。この検査は、おしっこの中のタンパクや糖の含有量を測定し、流産や赤ちゃんの成長の妨げとなる、中毒症の症状が出ていないか、などを判断するために行われます。

妊娠検査薬

 

 

 

妊娠検査薬を使用する時期

女性において、生理が遅れている時などに疑われるものの一つに妊娠が挙げられます。妊娠に至る行為が行われていなければ妊娠を疑うことはありませんが、そのような行為を行っている場合においては、妊娠の可能性があります。このような時に妊娠しているかどうかを調べる方法に、妊娠検査薬を使用することが挙げられます。一般的に販売されている妊娠検査薬には、使用できる時期として、生理予定日からおよそ一週間以降と定められていることがあります。妊娠しているかを確かめるために検査薬を試す場合は、適切な時期に試すことが必要となってきます。

妊娠検査薬を使用する手順

妊娠検査薬の使用法は尿吸収体に尿をかけ水平なところへ置きます。そして、数分経過すると判定窓に陰性・陽性どちらかの反応が現れます。使用上の注意としては、血尿や異物が入った尿での検査はしないこと、そして的確な検査期間に行なうことです。特に生理周期が不規則な場合は、前回の生理周期を目安に予定日を決めて、その一週間後に検査をしましょう。検査薬の結果が陰性であっても、その後生理が始まらない場合は医師に相談して下さい。

  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真2
 

当院までのアクセス
access

地下鉄でお越しの方へ
  • 御堂筋線「心斎橋駅」下車 6番出口から徒歩3分
  • 長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車 7番出口から徒歩5分
新幹線でお越しの方
  • 新大阪駅から御堂筋線「新大阪駅」から「心斎橋駅」下車、6番出口から徒歩3分(所要時間約20分)
  • 新大阪駅からタクシーで移動(所要時間約23分)
飛行機でお越しの方
  • 大阪国際空港(伊丹)からリムジンバス新阪急ホテル行(30分) で下車、御堂筋線「梅田駅」から「心斎橋駅」下車6番出口から徒歩3分(所要時間約54分)
  • 大阪空港駅(大阪モノレール)から「千里中央駅」で北大阪急行線・御堂筋線に乗り換え「心斎橋駅」下車6番出口から徒歩3分(所要時間約53分)
お車でお越しの方
  • 京都から、所要時間約1時間10分
  • 神戸三宮から、所要時間約44分
  • 奈良から、所要時間約36分
  • 和歌山から、所要時間約1時間20分

※ 当ビル下にも有料駐車場がございます。その他近隣にも沢山コインパーキングがございます。 最大料金で1000円位です。

page top
menu
手術予約
ピル予約